部下指導部下マネジメント研修(帯).PNG

部下指導/部下マネジメント研修

管理職・上司の立場の皆さまに、部下指導・部下マネジメントのポイント、テクニックをお伝えします。

多様性・ダイバーシティを踏まえたうえで、組織・チームの成果に貢献する部下を育てるための手法を、それぞれ、「背中を見て学ばせる」「教え込むティーチング」「考えやモチベーションを引き出すコーチング」の3つの特徴を押さえながら解説します。

部下指導/部下真名地面と研修(プログラム案)
 

1)改めて「部下育成」「部下指導」「部下マネジメント」とは

 ・部下の現状を見極め、部下の目指すべき姿を考える

 ・部下と「現状」「目指すべき姿」の認識をすり合わせる

 ・育成・指導のスケジュールを明確にする

2)3つの部下育成の手法を理解する

 ・背中を見て学べ

 ・教え込むティーチング

 ・考えやモチベーションを引き出すコーチング

 ・それぞれのメリット・デメリット

3)今、管理職・上司に求められること

 ・部下を一人前に育てる(業務遂行能力を引き上げる)

 ・部下のキャリアを支援する

4)ティーチングのポイント

 ・手順やオペレーションを言語化して教える

 ・分かりやすく説明する(プレゼンテーションスキルを鍛える)

5)コーチングのポイント

 ・「質問」を介して部下に考えさせる・本質に気づかせる

 ・「傾聴」を介して部下に話をさせる(話させる)

 ・コーチングをするためには「信じる力」と「待つ覚悟」が必要

 ・コーチングで意見やアイディアを引き出す

 ・承認を介して判断軸を共有する

6)管理職・上司は後進を育てることが必須

 ・面談の効果

​ ・本人の話を聞くまでは、相手を理解することはできない

7)ハラスメントリスクを理解する

​8)「褒める」と「叱る」を通じて、組織のルールを伝承する

9)まとめ

※プログラム案は一例です。ご要望や組織・職場のご状況に合わせて、内容を調整します。

※時間についてもご相談ください。最短で1時間~対応が可能です。

※受講者・参加者同士が話し合うワークを取り入れると、より研修の効果が現れます。その場合は2時間以上が望ましいです。