ハラスメント防止研修(帯).PNG

ハラスメント防止研修

「ハラスメントをしてはいけない」これはおそらく、今の時代を生きる誰もが理解していることです。でもしかし、組織におけるハラスメントはなかなかなくならない。それは何故でしょうか。

本研修では、「そもそもハラスメントとは何なのか」について改めて言及し、その定義を見直したうえで、多様なハラスメントを理解します。中には“良かれと思ってしたこと”も、ハラスメントリスクにつながる恐れがあります。

多様な人材がともに働く時代において、ハラスメントをなくすために必要なことは、①ハラスメントをタブー視しない、②ハラスメントを指摘できる関係性を築く、③ハラスメントを指摘されたら謝罪し言動を改める、の3つのステップです。

​誰もが加害者になる可能性があり、誰もが被害者になる可能性があるハラスメントについて、改めて考えてみましょう。

ハラスメント防止研修(プログラム案)
 

1)改めて「ハラスメント」とは?

 ・一方的に相手の大切なものを奪う行為は、

  全てハラスメントになりうる

 ・多様化するハラスメント

  ①パワーハラスメント

  ②セクシュアルハラスメント

  ③ジェンダーハラスメント

  ④SOGIハラスメント

  ⑤モラルハラスメント

  ⑥マタニティハラスメント

  ⑦パタニティハラスメント

  ⑧ケアハラスメント

  ⑨リモートハラスメント

  ⑩その他のハラスメント

2)なんでもかんでも「ハラスメント」にしない

 ・相手のためを思い、指導・注意することは必須

 ・ただし、伝え方を考える必要はある

 ・「傷つけない」を前提にする

3)アンコンシャスバイアスを自覚する

 ・無自覚の偏見や無意識の思い込み・決めつけとは

 ・アンコンシャスバイアスはハラスメントにつながる

 ・言語化して、価値観の認識をすり合わせる

4)ハラスメントを予防し撲滅するために

 ①ハラスメントをタブー視しない

 ②ハラスメントを指摘できる関係性を築く

 ③ハラスメントを指摘されたら謝罪し言動を改める

5)誰もが加害者・被害者になる可能性がある

 ・ダイバーシティの時代を理解する

 ・Z世代によるシニア世代へのハラスメントリスク

 ・LGBTが加害者になるセクシャルハラスメント

6)まとめ

※プログラム案は一例です。ご要望や組織・職場のご状況に合わせて、内容を調整します。

※時間についてもご相談ください。最短で1時間~対応が可能です。

※受講者・参加者同士が話し合うワークを取り入れると、より研修の効果が現れます。その場合は2時間以上が望ましいです。