ダイバーシティ推進研修(帯)_edited.jpg

ダイバーシティ推進研修

ダイバーシティ推進の重要性が謳われるようになって、十数年が過ぎました。

当初は「女性活躍推進」が扱われることが多かったダイバーシティですが、時代とともに、その他の多様な人材や多様な働き方についても目を向け、真のダイバーシティ推進について考え、取り組む組織が増えています。

​本研修では、自組織におけるダイバーシティ推進とは何か、を考えるところから始まります。ダイバーシティを改めて定義したうえで、それを実現するために必要な「アンコンシャスバイアス」に対する自覚と、誰もが安心し自分らしく活躍できる職場づくりに必要不可欠な「心理的安全性」についての知識を学んでいただきます。

​また、ダイバーシティ時代におけるハラスメントリスクやチームビルディングのコツについても言及します。

ダイバーシティ推進研修(プログラム案)
 

1)自組織におけるダイバーシティ推進とは

 ・改めて、「ダイバーシティ」とは何か

 ・自組織における「ダイバーシティ」のゴールは何か

 ・関係者間で、自分達の言葉でかみ砕き、

  「ダイバーシティ」の定義の認識をすり合わせることが大切

2)時代の流れとともに、多様な人材、多様な働き方を考える

 ・“女性管理職登用”や“女性リーダー育成”を目指した女性活躍推進

 ・“多様な女性”の活躍の実現

 ・ワーキングマザーの登場とイクボスの需要

 ・外国人や異文化出身者との協働

 ・LGBTへの適切な理解促進と活躍推進

 ・障がい者への適切な理解促進と活躍推進

 ・シニア層の活躍推進

 ・育児と仕事の両立支援

 ・介護と仕事の両立支援

 ・時短勤務やフレックス勤務の導入

 ・テレワーク・在宅勤務の実践

3)時代とともに多様化するハラスメント

 ・パワーハラスメント

 ・セクシュアルハラスメント

 ・LGBTに関するハラスメント

 ・ジェンダーハラスメント

 ・マタニティハラスメント

 ・パタニティハラスメント

 ・ケアハラスメント

 ・リモートハラスメント

 ・その他のハラスメントリスク

4)ダイバーシティ推進を阻害するアンコンシャス・バイアス

 ・アンコンシャス・バイアスとは

 ・「女性は~だろう」「男性は~だろう」のリスク

 ・多様な人材の多様な意見に耳を傾ける

 ・本質を見抜く力を鍛える

5)多様な人材が活躍するために必要な職場の心理的安全性

 ・心理的安全性とは

 ・心理的安全性を実現・担保する3つのアクション

  ①笑う、②肯定する(否定しない)、③会話を繋げる

6)多様な人材の「実は私…」のカミングアウトを受け止める

 ・自己開示は自己開示を引き出す

 ・相互理解がチームを強くする

7)ダイバーシティ推進のために必要な“グランドルール”

 ・「皆違って、皆いい」だけではチームは成り立たない

 ・「ありのままでいい」だけでは無秩序を招いてしまう

 ・皆、違うことを受け止めて、皆で守るグランドルールを決める

 ・グランドルールは定期的に見直し、改定していく

8)ダイバーシティ推進で組織力を強化・向上させる

 ・ダイバーシティ推進のゴールを改めて考える

 ・ダイバーシティ推進の目標を決める

※プログラム案は一例です。ご要望や組織・職場のご状況に合わせて、内容を調整します。

※時間についてもご相談ください。最短で1時間~対応が可能です。

※受講者・参加者同士が話し合うワークを取り入れると、より研修の効果が現れます。その場合は2時間以上が望ましいです。